あおば台デンタルクリニック(一般歯科、小児歯科、歯科口腔外科、むし歯予防・歯周病予防、インプラント、セラミック治療、訪問歯科診療)

小児歯科

小児歯科について

笑顔で来て、笑顔で帰ってもらえるように

必ずお子さんと目線を同じ位置に合わせ、お子さんのペースで治療を進めていきます。押さえつけ治療はしません。
小児歯科もちろん親御さんにも治療の前と後には十分に説明させていただきます。
また、お話しをよくお伺いした上で生活のリズムと、個々のお宅の事情に合わせた食生活アドバイスやフッ素の効果的な使用方法などもご説明します。

問題の早期発見のため、幼稚園や学校での集団検診だけでなく半年に1度は歯科医師による定期検診を受けていただくことをおすすめします。
ぜひ、定期的な健診やフッ素塗布などにいらしてください。

乳歯がむし歯になりやすい理由

こどもの歯科治療なぜ乳歯はむし歯になりやすいのでしょうか?
その理由は、乳歯の持っている次のような特徴にあります。

  1. 乳歯の質が永久歯(大人の歯)にくらべてやわらかい
  2. 乳歯の隣接面(歯と歯の間)にものがはさまりやすい
  3. 萌えたての歯は未成熟で特にむし歯になりやすい
  4. 萌えたての歯列はでこぼこしていて磨きにくい

こうした特徴のため、乳歯は非常にむし歯になりやすい環境にあるのです。

むし歯の予防処置

当院では以下の予防処置も行っています。

フッ素(フッ化物)の塗布

フッ素入り歯磨きいろいろフッ素には歯の質を強くしたり、むし歯菌の働きを抑える効果があります。
フッ素を定期的に歯の表面に塗布する事で、むし歯になりにくい歯を育てていきます。
また、うがいのできるお子さん向けの洗口液もあります。

シーラント処置

歯には複雑で細かい溝があり、特に奥歯は歯みがきをしても汚れを完全に取り除くのが困難です。
そこで、溝の中にむし歯菌が入り込まないように、溝の部分をプラスチック製の樹脂(シーラント)でふさいでむし歯予防をします。
シーラント

歯ブラシ指導 染め出し

歯みがき指導
歯に関心を持ってむし歯のない健康な歯を育てるためにも、親御さんと一緒にブラッシング指導をさせていただいています。

食事指導

kids05お子さんは甘いものが大好きな傾向があります。だらだら食べたり、頻繁に食べたりすると、お口の中がむし歯菌にとって居心地のいい状態になってしまい、むし歯が進行しやすくなります。
乳歯は生え変わるからむし歯になってもいい、と考える人もいますがこれは正しいとは言えません。
今の食生活をお伺いした上で、改善できる部分にアドバイスをします。
乳歯にむし歯をつくらないようにがんばったお子さんは、永久歯になってからもむし歯の本数が少ないという傾向にあります。
規則正しい食生活と、正しい歯みがきを心掛け、定期的に歯科医院でチェックを受けるようにしましょう。

永久歯の生え変わりの時期

永久歯の生え変わりの時期

バリアフリー・夜7時まで診療の歯医者さん TEL 045-482-9982 診療時間 10:00 - 19:00 [ 水・日・祝日休診 ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+