セラミック治療について

セラミック治療

美しく健康な歯をあなたに。
ご要望に合わせて材料をお選びします。

  • 笑うと銀歯が見えて気になる
  • 歯や歯ぐきの色が気になる
  • 笑顔に自信を持ちたい
  • 金属アレルギーである

このようなお悩みを抱えている方に、おすすめするのがセラミック治療です。
セラミック治療とは歯の白さや歯の見た目の美しさに焦点を当てた歯科医療のことをいいます。

また「メタルフリー治療」では金属アレルギーの問題や費用面を考え、一人ひとりに合った最適な素材をご用意しています。
整った白くて美しい歯を手に入れて、心からの笑顔を取り戻しましょう。
患者さんのご要望をじっくりお聴きした上で、最適なプランをご提案します。お気軽にご相談ください。

かぶせ物(クラウン)・つめ物(インレー)について

むし歯が進行してしまった場合は歯を削って治療しなければならないことがあります。
削ってしまった歯にはつめ物(インレー)や冠(クラウン)をかぶせるなどの処置を行います。
また歯の欠損が大きい場合には冠をかぶせるための土台(コア)を作ることもあります。つめ物やかぶせ物には金合金・銀合金といった金属製のものや、レジンやセラミック材のものがあります。当院では金属を使用しない「メタルフリー治療」をおすすめしています。

メタルフリー治療とは金属を一切使わない治療で、保険適用の銀歯に抵抗がある方や治療した銀歯が気になる方の治療には、保険適用の白い歯CAD/CAM冠をご提案しています。
※保険適用には条件があります。

セラミック治療における修復用の材料

ジルコニア・セラミッククラウン

装飾品にも使われている人工ダイヤモンドです。
通常は透明ですが、歯科用に白く加工したものが骨組として使われています。金属は一切使われていません。
高精度コンピューター機械により削り出しを行うので適合は抜群です。
強度・耐久性・生体親和性、審美性全てにおいてとても優れている材質で長期にわたり安定してお口の中の全ての部位で使用できます。

ジルコニア・セラミッククラウン

メリット

  • 金属を使用していないので透明感があり、歯ぐきが黒くならない
  • ブリッジやインプラントの歯にも使用できる
  • 審美面を重視した治療ができる
  • 歯と硬さが近いため、割れにくい・破折しにくい

デメリット

  • 自費診療のため、費用がかかる
オールセラミックス

オールセラミック

主に前歯や小臼歯に使用します。生体親和性・審美性に優れています。

メリット

  • ジルコニアと比較して強度は劣りますが、審美性は抜群
  • 金属を使用していないので透明感があり、歯ぐきが黒くならない

デメリット

  • 自費診療のため費用がかかる
  • ブリッジとインプラントには使用できない
標準料金(税込)110,000円

ハイブリット

一般にはハイブリットセラミックといわれていますが、この素材はセラミックではありません。硬質の樹脂(プラスチック)が素材です。

セラミックより低価格で白くできることから頻繁に使用されています。
審美的にはとても良い材質できれいに仕上がりますが、プラスチックは水分を吸収する材質で経年的に黄色く変色が生じてきます。
また、柔らかい材質なので摩耗が早く、奥歯などの咬み合わせが重視される歯に使用した場合には、3~5年で交換をおすすめします。

  • 強度はセラミックと比較して劣ります
  • 経年的に変色してきます
  • 摩耗(減り)が早いです
  • インプラントやブリッジには使用できません
  • 前歯にはあまりおすすめしません

ファイバーコア

神経を取ってしまった歯はコアという土台(心棒)を歯の根の中に立てる必要があります。
保険診療の場合には銀の合金を使用します。自費診療の場合にはパラジウム合金、金合金が使用されてきましたが、銀やパラジウム合金を使用した場合は接着後に内側で金属が錆びて抜け落ちたり、2次的なむし歯が生じるリスクがあります。
また、歯よりも硬い素材なので歯の根が破折してしまうことがあります。
歯の根が折れてしまったらその歯の保存は不可能です。
金合金は錆びませんが、歯より硬い材質なので破折のリスクがあります。

ファイバーコア

近年、グラスファイバーを用いた土台が開発され、金属の土台の欠点を補うことが可能になりました。
グラスファイバーは身近なものでは釣竿に使用されています。弾性があり本来の歯の弾性に近い材質で錆びません。
回りを強化プラスチックで覆い土台として使用します。

当院での自費診療ではファイバーコアのみを使用します。
自費診療を行う場合は、既存の金属のコアをファイバーコアに交換することをおすすめします。

メリット

  • 金属の物に比べ、錆びたり抜け落ちる心配がない

デメリット

  • 自費診療のため、費用がかかる

金具のない部分入れ歯 ノンクラスプ・デンチャー

金具の留め金(クラスプ)がないため笑ったときに目立たない入れ歯です。硬くないので、心地よく装着していただけます。
金属アレルギーの方も安心してお使いいただけます。
自費診療(保険外診療)による入れ歯です。

ノンクラスプデンチャー

診療のご予約はこちら

「歯が痛い・しみる」「血が出る」など、お口のことで気になることがあれば、
横浜市青葉区の歯科医院「あおば台デンタルクリニック」にご相談ください。
当院では患者さんのお悩みを丁寧にお聞きし、一人ひとりに合った治療プランをご提案いたします。